名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 時期から見る土地を売るタイミングとは?譲渡所得税や維持費についても解説

時期から見る土地を売るタイミングとは?譲渡所得税や維持費についても解説

≪ 前へ|住宅ローンは固定金利と変動金利どっちが良い?金利の決まり方も解説   記事一覧

時期から見る土地を売るタイミングとは?譲渡所得税や維持費についても解説

時期から見る土地を売るタイミングとは?譲渡所得税や維持費についても解説

土地を売ろうと考えている方にとって、時期的にどのタイミングが最適なのか分からず、困っている方もいることでしょう。
また、売却せずに所有する場合、維持費はどの程度かかるのかも気になるかと思います。
そこで今回は、土地を売るタイミングについて時期・譲渡所得税がどう変わるか、土地を売却せずに所有する場合の維持費について解説するので、参考になさってください。

株式会社住マート不動産へのお問い合わせはこちら


時期から見る土地を売るタイミング

土地を売る際には少しでも好条件で売りたいものですが、そのためにはいつ売るかが重要です。
実は、不動産には物件がよく動く「繁忙期」があります。
新年度は進学や就職、転勤など家族のライフスタイルの変化が生じるので、マイホームの購入や住み替えを検討する方が増えるタイミングです。
不動産会社はこの時期に売り出そうと1月~3月の春先や9月~11月の秋口に土地を仕入れるため、このタイミングで売るのが良いでしょう。

土地の所有年数も重要です。
所有期間が5年以下の場合には短期譲渡所得となり税率が高くなるので、5年経過していない場合には考えたほうが良いでしょう。
また、10年を越えて所有する居住用不動産は、10年越所有軽減税率の特例が設けられています。
このため10年未経過の物件の場合には、10年を越えるタイミングが売却をするのに良い時期です。

譲渡所得税から見る土地を売る時期

土地を売却する際にはさまざまな税金が課せられますが、その1つに譲渡所得税があります。
これは取得額よりも売却額が大きかった場合に、発生した利益に対して課せられるものです。
5年以上所有した場合は長期譲渡所得となり税率が半分に軽減されるので、譲渡所得の発生するケースでは売却時期は所有から5年経過以降が良いでしょう。
またマイホーム取り壊し後1年以内に土地を売却すると、売却益から3000万円の控除ができるので、マイホームを解体した場合には1年以内に売るべきです。

土地を売らない場合の維持費について

売らずに所有していると税金や管理費用、保険などさまざまな維持費がかかってきます。
一番ウェイトが大きいのが固定資産税と都市計画税です。
固定資産税は課税標準の1.4%、都市計画税は0.3%となっています。
また、管理費用も必要です。
たとえ家が建っていないといっても適切な管理をしないとトラブルの原因となるので注意しなければいけません。
草刈りや安全面確保のための修繕費などが必要です。
もし空き家が残っている場合には、万が一のため火災保険へ加入する場合もあり、火災保険料もかかってくるので覚えておきましょう。

まとめ

土地を売るタイミングは、需要が高まる春先や秋口、そして所有期間が5年以上、とくに10年を超えるときが最適です。
また、譲渡所得税を考慮すると、5年経過後やマイホーム解体後1年以内に売却すると税金が軽減されます。
土地を売らずに所有すると固定資産税や管理費用、保険費用などの維持費が発生するため、これらの費用を考慮した上で売却するのも一つの方法となります。
名古屋市中区で不動産売却するなら株式会社住マート不動産にお任せください。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社住マート不動産へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|住宅ローンは固定金利と変動金利どっちが良い?金利の決まり方も解説   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る