名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時にオープンハウスをおこなうメリットは?デメリットも解説!

不動産売却時にオープンハウスをおこなうメリットは?デメリットも解説!

≪ 前へ|農地はどうやって売却すれば良い?流れや売却時にかかる費用を解説!   記事一覧   不動産売却における減価償却とは?計算方法や注意点も解説!|次へ ≫

不動産売却時にオープンハウスをおこなうメリットは?デメリットも解説!

不動産売却時にオープンハウスをおこなうメリットは?デメリットも解説!

不動産の売却活動の1つにオープンハウスがあります。
しかしオープンハウスはどのようにしておこなうのか、よくわからない方もいらっしゃるでしょう。
また、実施するメリットやデメリットについても気になるところではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却時に実施するオープンハウスのメリットやデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

オープンハウスとは?どのようにして実施する?

オープンハウスとは、不動産の購入希望者が自由に家の内部を見学できるようにする売却活動のことで、オープンルームとも呼ばれます。
事前予約は不要なため、インターネットやチラシを見て興味を抱いた購入希望者のみならず、たまたまとおりかかった方にも内覧してもらうことが可能です。
当日は、不動産会社の営業担当者が物件内に待機し、訪れた購入希望者を案内します。
物件を少しでも魅力的に見せるため、オープンハウスの前日までに家をきれいに掃除したり、家具をショールームのように配置したりといった工夫をするのが一般的です。

不動産売却時にオープンハウスを実施するメリットは?

オープンハウスは事前予約制ではなく、自分の好きなタイミングで見学できるため、購入希望者をより多く集客することが可能です。
複数の購入希望者が一度に見学することで購買意欲をあおれるため、一般的な内覧よりも成約率を高められるばかりか、希望価格での売却も十分期待できるでしょう。
またたとえ物件が売れない場合でも、来場者にアンケートを実施すれば家の欠点が浮き彫りとなります。
たとえば住宅設備の劣化が原因の場合はリフォームを実施する、値段が原因の場合は価格を再検討するなどの対策を取れるでしょう。

不動産売却時にオープンハウスを実施するデメリットは?

オープンハウスの実施にあたっては、インターネットやチラシでの告知のほか、家の周辺に看板を立てたり、貼り紙をしたりして宣伝します。
そのため近隣の方に家の売却を知られてしまう点はデメリットといえるでしょう。
訪問するすべての方が購入を希望しているとは限らず、なかには冷やかし目的で来場される方もいる点には注意が必要です。
また、多くの方が訪れた際に近隣住民から苦情が入る可能性もあるため、実施にあたっては事前に連絡しておくことをおすすめします。
一方、オープンハウスを実施するには告知のための広告制作費や当日の人件費が発生することから、なかには消極的な不動産会社もあります。
オープンハウスを実施したい場合は、積極的に協力してくれる不動産会社を探しましょう。

まとめ

オープンハウスを実施すれば多くの来場者が見込めるため、一般的な内覧時よりも早く成約に結び付けられるでしょう。
しかし売却を近所の方に知られてしまう、不特定多数の方に家の内部を見られるなどのデメリットもあるため、実施に際してはメリットとデメリットをよく考えたうえで検討することをおすすめします。
不動産の処分をお考えの方は私たち株式会社住マート不動産お任せください
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|農地はどうやって売却すれば良い?流れや売却時にかかる費用を解説!   記事一覧   不動産売却における減価償却とは?計算方法や注意点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る