名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介

空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介

≪ 前へ|不動産売却はライフステージの変化に合わせよう!タイミングや方法をご紹介   記事一覧   住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介|次へ ≫

空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介

空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介

空き家での火災が近年増加傾向にあります。
空き家の場合、持ち主が定期的に管理しないと火災のリスクが大幅に上昇しますが、逆にいえば管理さえしっかりこなせばリスクを回避することができます。
こちらの記事では、よくある空き家の出火原因とその対策方法、実際に出火してしまった場合の責任の所在について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家の火災原因とは?具体例をご紹介

無人であるはずの空き家で火災が起こる原因をご存じでしょうか?
実は、放火による火災がもっとも多いとされています。
消防庁の調べによりますと、空き家に限らず住宅の出火原因でもっとも多いのが放火であり、その件数も増加傾向にあるといいます。
空き家は人目につきにくいことで、放火のリスクを高めているでしょう。
また、放火以外の出火原因としてタバコのポイ捨て、ガス漏れなどの爆発、配線機器のトラブルがあります。

空き家で火災を起こさないための対策をご紹介

先ほど挙げた原因と共通することに、持ち主の管理不足があります。
たとえば、放火犯による出火は空き家に人の気配がないことが背景にあります。
また、タバコのポイ捨てによる火災では、手入れされずに伸び放題になった雑草や、不法投棄されたごみにタバコの火が燃え移ることで出火してしまいます。
さらに、ガス漏れや配線機器のトラブルの場合は設備に異常があったり、劣化していたり、ネズミなどの害獣が配線をかじることで火災が発生します。
これらの原因による火災を防ぐには、定期的に空き家を訪れ、雑草の手入れや不法投棄されたゴミの清掃、設備や害獣による被害を確認することが大切です。
自動照明の設置や戸締まりを忘れないことで管理人の存在を周囲に示して犯罪リスクを回避することもできます。
定期的に訪問するのが難しいという方はご近所さんに管理を依頼し連絡をお願いするのも良いかもしれません。

空き家で火災が起きた時に問われる責任とは?

所有している空き家で火災が発生し近隣の住宅に被害が出た場合、重過失と判断され賠償責任を負うことがあります。
重過失は火事が予想される状態であるのに対策がされていなかった場合に判断されます。
一方、第三者による放火のせいで起きた火災は基本的に重過失と判断されることはありません。
ですが、他人に放火されたが明らかな管理不足が認められると重過失に問われてしまうことがあります。

まとめ

空き家が火災に見舞われる原因とその対策方法、発生する可能性がある責任について解説しました。
他人による放火やタバコのポイ捨て、配線機器のトラブルと様々な原因がありますが、持ち主の管理不足という共通点があります。
戸締まりの確認や自動照明の設置は手軽にできる対策ですので取り組むことをおすすめします。
不動産の処分をお考えの方は私たち株式会社住マート不動産お任せください
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却はライフステージの変化に合わせよう!タイミングや方法をご紹介   記事一覧   住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る