名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却はライフステージの変化に合わせよう!タイミングや方法をご紹介

不動産売却はライフステージの変化に合わせよう!タイミングや方法をご紹介

≪ 前へ|永住権がなしで住宅ローンで家を購入することは可能?対策をご紹介   記事一覧   空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介|次へ ≫

不動産売却はライフステージの変化に合わせよう!タイミングや方法をご紹介

不動産売却はライフステージの変化に合わせよう!タイミングや方法をご紹介

不動産売却を検討する際に、どのタイミングで売ろうかどうか悩まれている方もいるのではないでしょうか。
大切な家を売るのであれば、適切なタイミングで売りに出したいものでしょう。
本記事では、ライフステージの変化に合わせた不動産売却について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ライフステージの変化に合わせた不動産売却➀出産

出産をきっかけに手狭な家を手放して、新しい家に買い替える方は多いです。
出産前に家を売ることで資金を調達でき、この資金を元手に広い家を購入したり、資金計画が立てられたりといったメリットがあります。
また、これから子どもを育てていく場所もこの機会に検討できるでしょう。
早めに売却するには、下記のポイントを押さえてみてください。

●査定額よりも安い価格に設定する
●買主が提示した金額で売る
●不動産会社に買取を依頼する
●自身で買主を探す

ライフステージの変化に合わせた不動産売却➁子どもの独立

子どもが独立したタイミングで、手広になった家を売却する方もいます。
このタイミングで売却すると、セキュリティ面やバリアフリーなど老後の生活を考慮した家に住めるメリットがあります。
また、利便性の高い都心部や子どもが住む場所の近くなど、新しい場所に引っ越せることも利点です。
子どもの独立に合わせて家を売却する場合は築年数が経過していることが多いです。
この場合、リフォームしたうえで売却すると、当然キレイな家に仕上がりますので見た目の印象が上がり、買主が見つかりやすくなるでしょう。
一方で、リフォーム費用の回収が難しい、リフォーム箇所が買主によっては好みと合わないなどがある可能性も考えられます。
そのため、リフォームするかどうかはメリット・デメリットを考慮して決めましょう。

ライフステージの変化に合わせた不動産売却➂親の死亡時

親が亡くなったタイミングで親名義の不動産を売却する方もいます。
相続した家の名義を変更して売却する場合、下記の流れで売却を進めましょう。

●遺言書から相続人・相続財産を確認する
●相続放棄か承認かを決める
●遺産分割協議をおこなう
●相続登記をおこなう
●家を売却する


なお、相続登記をする際に、登記申請書・印鑑証明・住民票の写し・戸籍謄本などの書類が必要になります。
親の家に住んでいた場合はマイホームの売却となるため、3,000万円の特別控除の適用が可能です。
また、家が小規模だった場合は小規模宅地等の特例を利用できます。

まとめ

不動産は出産・子どもの独立・親の死亡時などのタイミングで売却する方が多いです。
ライフステージの変化合わせて売却することで、その時々のメリットを享受できます。
ぜひこの記事を参考に、自分にあったタイミングで売却を検討してみてください。
不動産の処分をお考えの方は私たち株式会社住マート不動産お任せください
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|永住権がなしで住宅ローンで家を購入することは可能?対策をご紹介   記事一覧   空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る