名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 種類や金利とは?夫婦で協力できる?住宅ローンの選び方をご紹介

種類や金利とは?夫婦で協力できる?住宅ローンの選び方をご紹介

≪ 前へ|住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介   記事一覧   住宅ローンの審査をクリアする方法とは?審査の流れや基準もご紹介!|次へ ≫

種類や金利とは?夫婦で協力できる?住宅ローンの選び方をご紹介

種類や金利とは?夫婦で協力できる?住宅ローンの選び方をご紹介

家やマンションを購入する際に多くの方は住宅ローンを利用するでしょう。
住宅ローンには種類や金利が複数あります。
今回は住宅ローンの選び方や夫婦で協力して住宅ローンを組む方法などをお話しします。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの選び方!種類について

住宅ローンには、「公的住宅ローン」「民間住宅ローン」「フラット35」の3つの種類があります。

公的住宅ローン
国が運営する独立行政法人や自治体といった公的機関が運用するものです。
「財形住宅融資」と「自治体融資」の2つに分類することができます。

民間住宅ローン
銀行や信用金庫といった民間の金融機関が運用するものです。
利用する際の要件として、団体信用生命保険(団信)と呼ばれるものに加入する必要があります。
提携先によっては金利の優遇措置が受けることができるといった特徴があります。

フラット35
各民間金融機関と住宅金融支援機構が協力して運用するものです。
フラット35は契約期間中金利が変動せず固定されているという特徴があります。

住宅ローンの選び方!金利について

金利にも、「全期間金利固定型」「変動金利型」「固定金利期間選択型」の3種類があります。

全期間金利固定型
返済開始から終了まで金利がずっと固定されています。
メリットとしては、市場の金利変動に左右されず毎月の返済計画が立てやすいことです。
デメリットとしては、金利が少し高めに設定されており金利の変動の恩恵を受けられないことです。

変動金利型
半年ごとに金利が見直され、5年に1回返済額が更新されます。
市場金利の影響で最終的な返済額が増減する点がメリットであり、デメリットです。

固定金利期間選択型
一定期間の金利が固定されるタイプで、固定期間の終了後は変動金利に移行するものと再度固定金利を選べるタイプがあります。

返済方法について

ローンの返済方法には、「元金均等返済」「元利均等返済」の2種類があります。

元金均等返済
元金の返済額が毎回同額になる返済方法で1回目がもっとも多く徐々に返済額が減っていきます。

元利均等返済
元金の返済額と利息の額が同額になる返済方法です。

住宅ローンの選び方!夫婦で協力する

夫婦で住宅ローンを組む場合、連帯債務型とペアローン型の2つの種類があります。

連帯債務型
連帯債務型は夫婦の収入の合算額で借り入れ金額を決められるため多くの資金を借り入れることが可能です。
債務者側は金融機関の条件次第で団体信用生命保険への加入が可能です。
それぞれの持ち分に応じ住宅ローン控除が受けられます。

ペアローン型
それぞれの収入額をベースに借り入れ可能金額が決まります。
団体信用生命保険に関しては双方が制限なく加入が可能です。
住宅ローン控除に関してはこちらも持ち分に応じた額の控除が受けられます。

まとめ

住宅の購入の際に利用することが多い住宅ローンの種類や選び方についてお話をしました。
ライフサイクルや返済計画をしっかり考え、最適なものを選ぶようにしましょう。
不動産の処分をお考えの方は私たち株式会社住マート不動産お任せください
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介   記事一覧   住宅ローンの審査をクリアする方法とは?審査の流れや基準もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る