名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介

住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介

≪ 前へ|空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介   記事一覧   種類や金利とは?夫婦で協力できる?住宅ローンの選び方をご紹介|次へ ≫

住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介

住宅ローンの親子リレーとは?仕組みやメリット・注意点をご紹介

親子で同居をしておりリフォームを検討している、将来的に両親との同居を考え二世帯住宅の購入を検討しているという方もいるのではないでしょうか。
しかし住宅ローンをどちらの名義で借り入れるべきか悩んでいる場合もあるでしょう。
親子で住宅ローンを組むには「親子リレーローン」と「ペアローン」の2種類が代表的なものとして存在します。
その中の「親子リレーローン」について仕組みやメリット、注意点などを今回はお伝えしていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

親子リレーローンとはどのような住宅ローンなのか?仕組みとは?

親子リレーローンとは、親子で1つのローン契約を結び二世代でリレー形式で返済をおこなう制度のことです。
仕組みとして、借り入れ期間は子ども世代の年齢を基準にするため、親がローンを組むより長い期間が設定できます。
住宅ローンとして親子ローンが向いているのは以下のような場合です。

●親が高齢で短い借り入れ期間でしかローンを組むことができない
●収入が不安定で親か子どものどちらかの収入だけでは満足な借り入れ金額が得られない
●子どもの住宅支援を応援したい場合

住宅ローンの中で親子リレーローンを選ぶメリットとは

住宅ローンは一般的には80歳までに返済を完了できることが借り入れる条件となっています。
親が高齢の場合、必然的に借り入れ期間が短くなってしまい満足いく借り入れ額を得られないことが多いです。
しかし、親子リレーローンを使用すると子どもの年齢を基準に借り入れ期間が設定されるというメリットがあります。
借り入れ期間が長くなると借り入れ額も増やすことができるため、満足いく借り入れ額を得られる可能性が高まります。
また、住宅ローン控除を親子どちらでも利用ができ、大幅な節税効果が見込める点もメリットです。

住宅ローンの中で親子リレーローンを選ぶ際の注意点とは?

親子リレーローンにはいくつかの注意点があり、利用する際にはしっかりと理解しておく必要があります。
親子リレーローンを結ぶときに気をつけておくべき注意点には以下のようなものがあります。

転勤や結婚をしたときに新しくローンを結べないことがある
親の返済期間中の場合でも子どもは親の連帯債務者になります。
そのため、新たにローンを結ぶ場合、審査が非常に厳しくなります。

親の債務を負担しなくてはならない場合がある
親子リレーローンで団体信用生命保険に加入するのはどちらか一方になることが多く、子どもが加入することが多い傾向にあります。
そのため、親の返済期間中に親にトラブルが生じ返済が困難になった場合、子どもが負担しなくてはならなくなるため注意が必要です。

まとめ

住宅ローンの方法の1つである親子リレーローンについてお話をしました。
親子リレーローンにはメリットもデメリットもどちらもあります。
親の年齢、今後のライフサイクル、そのほかの税金面や相続時のトラブルなどの事象をいろいろと考慮し利用するかどうかを決めるようにしましょう。
不動産の処分をお考えの方は私たち株式会社住マート不動産お任せください
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家で起こる火災の原因とは?対策と発生しうる責任をご紹介   記事一覧   種類や金利とは?夫婦で協力できる?住宅ローンの選び方をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る