名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時の重要事項説明とは?注意すべポイントをご紹介

不動産購入時の重要事項説明とは?注意すべポイントをご紹介

≪ 前へ|不動産の売却をする際の契約不適合責任と瑕疵担保責任との違いとは?   記事一覧   永住権がなしで住宅ローンで家を購入することは可能?対策をご紹介|次へ ≫

不動産購入時の重要事項説明とは?注意すべポイントをご紹介

不動産購入時の重要事項説明とは?注意すべポイントをご紹介

不動産購入時には、業者より適切に説明を受けたうえで手続きを進めることが重要です。
とくに、重要事項説明については正しく理解して、失敗しない不動産購入が必要となります。
では、不動産購入時の重要事項説明とは一体どのようなものなのでしょうか?
この記事では、重要事項説明について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時の重要事項説明とは?

重要事項説明とは、宅地建物取引業法において説明が義務づけられています。
不動産購入は、一生に一度あるかのとても大きな買い物となりますが、絶対に失敗しないことが重要です。
そこで、購入者の保護を目的として宅地建築取引業法で不動産業者に対して説明義務を課しているのです。
説明は誰でもおこなえるものではなく、宅地建物取引士の資格を有した者がおこなう必要があります。
主な重要事項説明の内容としては、物件に関することから取引条件に関する事項まで、多岐にわたります。
また、重要事項説明だけでは理解できないポイントについては、告知書で確認することが重要です。

不動産購入時の重要事項説明でチェックしておくべきポイント

不動産購入時の重要事項説明では、主に以下2つの条件について確認することが重要です。

●対象物件の確認
●契約条件の確認


対象物件の確認では、物件自体の面積や所在地、登記簿に記載されている項目とのアンマッチがないかを確認してください。
また、法令上の制限として住宅を建てられない場所ではないか、高さや面積は法律に準拠しているかの確認が必要です。
その他、土地と道路の関係性、インフラの整備状況、敷地や建物の状態、共有部分の確認が必要となります。
契約条件の確認としては、代金以外に必要となる金銭の確認や契約解除事項、供託や保険加入について、そしてその他付帯事項を漏れなく確認してください。
この確認が適切におこなわれない場合、想定外の費用が発生する可能性があります。

不動産購入時の重要事項説明を受ける際の注意点

不動産購入時の重要事項説明を受ける際の注意点として、事前に書類のコピーを入手して事前チェックしてください。
重要事項説明はわかりやすく説明してもらえますが、初めて不動産購入される方にとっては完全に理解するのは困難です。
そこで、事前に入手して確認することは重要なポイントとなります。
また、説明を受けていないのに契約書にサインするのは危険です。
とくに、宅建業者が違反していてもサインした時点で自身の責任にも繋がりますので、重要事項説明を適切に受けてください。
くわえて、内容に変更があった際は新しく書面を作成してもらいましょう。

まとめ

不動産購入時の重要事項説明は、購入者を保護する素晴らしい制度です。
ただ、単に説明を受けるだけではなく、適切性を判断することが重要です。
今回紹介したポイントや注意点について、しっかり確認して失敗しない不動産購入を進めてください。
不動産の処分をお考えの方は私たち株式会社住マート不動産お任せください
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の売却をする際の契約不適合責任と瑕疵担保責任との違いとは?   記事一覧   永住権がなしで住宅ローンで家を購入することは可能?対策をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る