名古屋市中区で不動産売却するなら|住マート不動産 > 株式会社住マート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入する場合の流れと注意点をご紹介

不動産を購入する場合の流れと注意点をご紹介

記事一覧   空き家を売りたい!空き家を売却する方法についてご紹介|次へ ≫

不動産を購入する場合の流れと注意点をご紹介

不動産を購入する場合の流れと注意点をご紹介

マイホームなど不動産を初めて手に入れようとする場合、どのような流れで進むのか、どのような準備をすれば良いのかなど、未知の世界ではないかと思います。
この記事では、いざというときに迷わないように、基本的な情報をお届けしたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入する際の流れとは

不動産は人生のなかでもとくに大きな買い物になりますので、まずは何よりも資金計画を立てるようにしましょう。
ご自身で準備できる自己資金、そして現在の収入でどの程度までなら借り入れすることができるのかなどを確認したら、ご自身が買える物件の目安がわかります。
目安が立ったら、物件探しを始めましょう。
ネット検索や実際に不動産会社に相談することも重要です。
目星をつけた物件をいくつか見学し、これだと思った物件があれば契約します。
契約と同時に住宅ローンの申し込み、借り入れの手続きをおこないましょう。
物件の引き渡し時に残金を支払い、その時点でようやくその不動産の所有権を持つことになります。

購入時の注意点

物件をする際の注意点が、大きく分けて2点あります。
1つ目は、災害リスクを考えることです。
物件選びの際は、多くの方がその家のデザインや間取り、住みやすさなどをベースに判断されると思いますが、自然災害が多い日本では、十分に検討する必要があります。
たとえば大雨が降った場合、近くで洪水が起きる可能性はないか、地震が起きた場合に倒壊しやすい家屋ではないかなどです。
自治体で準備されているハザードマップなどを活用し、周辺の状況を調べておくようにしましょう。
2つ目は、瑕疵(かし)です。
瑕疵とはその物件にある欠陥のことで、実際に住宅そのものが雨漏りする・シロアリ被害に遭っているなど物理的に欠陥のあるものや、事故物件などの心理的なものもあります。
そのほか、周囲の環境が影響して起きる瑕疵も存在します。
このような欠陥は、後々発覚した場合はトラブルの元ですので、あらかじめ確認しておきましょう。

購入前におこなう内覧とは

内覧とは、購入前にその物件を知るために見学することを言います。
新築物件の場合はモデルルームの状態で内覧する場合もあり、また、中古物件の場合は現持ち主がお住まいのお宅を見学させていただく場合もあります。
「お住まいのお宅にお邪魔するなんて」と思われるかもしれませんが、生活感のある状態で見学できるのは、実際にご自身が住んだ場合のイメージがしやすいという点でメリットになります。
そのため、遠慮せずに見学させてもらうようにしましょう。

まとめ

マイホームなどの物件を購入する場合の流れと、その際の注意点などをご紹介しました。
実際にはそれぞれのステップで、細かな手続きなどが発生します。
しかし、現段階では大きなステップを覚えておくと、実際に買うことを決められたときに安心できることと思います。
不動産の処分をお考えの方は私たち株式会社住マート不動産お任せください
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


記事一覧   空き家を売りたい!空き家を売却する方法についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社住マート不動産
    • 〒460-0022
    • 愛知県名古屋市中区金山1丁目11番10
      金山ハイホーム 7F
    • TEL/052-883-9121
    • FAX/052-883-9122
    • 愛知県知事 (2) 第22753号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る